直接本文へ移動する

クレジットカード決済導入をお考えのECサイト運営者様へ 決済代行サービスの“賢い”選び方ガイド

ネットショップや有料会員サイトなどを運営する際、お客様(ユーザ)のためにも複数の決済方法を用意しておくことが望まれます。
決済代行サービスを利用すれば、クレジットカード決済をはじめ、コンビニ決済や、キャリア決済も一緒に一括導入することが可能です。

クレジットカード決済代行サービスを導入するまでの“6step”
  1. STEP1 機会損失を削減できる決済代行サービスを検討しましょう 決済手段は、クレジットカード決済含め複数決済導入が必須
  2. STEP2 できるだけ多くの比較検討材料を集めましょう 決済代行サービスの情報を収集
  3. STEP3 見積を取って検討しましょう 問い合わせや見積を取るタイミングも重要
  4. STEP4 システムとの関係を明確にしましょう 決済機能導入の際、システム構築で気をつけること
  5. STEP5 優先すべきポイントを比較して選びましょう 選択時に重要なのは「信頼できる安心感」
  6. STEP6 導入後に後悔しないために運用サポートにも目を向けましょう 運用開始後に問われる決済システムの良し悪し

STEP1 機会損失を削減できる決済代行サービスを検討しましょう 決済手段は、クレジットカード決済含め複数決済導入が必須

ECサイトや課金サイトをより多くのお客様に利用していただくには、決済手段を豊富にそろえておく必要があります。特にクレジットカードは必須です。

消費者の決済方法別構成比経済産業省経済産業政策局調査統計部 平成21年消費者向け電子商取引実態調査結果 より転載

決済手段が少なければ、お客様を逃しかねない

お客様がインターネットでお支払いをする際、もっとも利用されるのがクレジットカード。最近では、コンビニ決済や携帯キャリア決済、スマートフォンキャリア決済の需要も増えています。複数の決済方法を用意しておくことでお客様の決済ニーズが満たされ、売上確保・向上につながります。

一括導入で手間が省ける決済代行サービス

決済代行を利用しない場合、クレジットカード決済だけの導入でも、5社のカードブランドと個別に契約をし、システム接続をしなければなりません。
複数のカードブランドのほか、他の決済手段も一括導入できる決済代行サービスを利用するのが便利です。

決済代行サービスのメリット
  1. 1複数のクレジットカードブランドを一括導入できる
  2. 2コンビニ決済や携帯キャリア決済など、複数の決済手段を一括導入できる
  3. 3機会損失を減らせて、売上確保・向上につながる

ペイジェントなら…キャリア決済にも対応

5大カードブランドを一括導入

クレジットカードは、オンライン決済で利用率の上位を占める国際5大ブランドに対応。ペイジェントと契約することで、各ブランドごとの審査・契約の手間をかけずに一括導入できます。

5大カードブランドを一括導入

基本契約で4つの決済方法を導入

基本サービスの契約だけで、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行ネット決済、ATM決済のマルチペイメント決済を利用可能です。
その他、携帯キャリア決済やスマートフォンキャリア決済などにも対応しています。

システム構築や導入後の管理が簡単

EC構築パッケージに1つの決済モジュールを入れるだけで導入でき、導入後の管理は一元化されます。

ページの先頭へ

STEP2 できるだけ多くの比較検討材料を集めましょう 決済代行サービスの情報を収集

さまざまな企業が決済代行サービスを提供しています。自社のECサイトの特性などを考慮しながら、決済代行についての情報を集めます。

高齢のお客様⇒わかりやすい決済 すぐ商品を提供したい⇒入金確認が早い決済

まずは自社のECサイトについてしっかり分析

取扱商材やご利用になるお客様の年齢層、商材の単価、売上見込など、運営するECサイトの特性や傾向をしっかり把握しましょう。そうすると、どのような決済手段を用意すべきなのかが明確になります。

決済代行サービスの内容をチェック

各社が提供している決済サービス(決済手段)の情報を集め、展開するECビジネスに合いそうな決済サービスを探します。どんな企業へ提供しているのか、柔軟な対応が可能なのかどうかも調査しましょう。

情報収集時のチェックポイント
  1. ECサイトのお客様のニーズに合う決済方法はどれか?
  2. 継続課金など、特別な支払い処理が必要か?
  3. 実績があり、信頼できる企業が提供しているか?

ペイジェントなら…5,080店に選ばれた実績※

多彩な業種・業態のECサイトで稼働中

大手企業のECサイトや、ショッピングモールにも採用されています。デジタルコンテンツの販売や、有料会員サイトの課金など、多くの導入実績があります。

※2012/12/31現在

ページの先頭へ

STEP3 見積を取って検討しましょう 問い合わせや見積を取るタイミングも重要

検討したい決済代行サービスが決まったら、問い合わせや見積依頼をします。3社程度に絞り込み、見積を依頼して比較検討を行います。

構築ベンダーを検討するタイミングで問い合わせ

決済代行サービス企業に問い合わせをするタイミングは、行いたいECビジネスが確定し、ECサイトを構築するベンダーの検討を始めた時がベスト。ECサイトの構築が終わってしまってからでは、システム構築が二度手間になってしまうこともあります。

各社で仕様がまちまちの見積書を見極める

「初期費用無料」「固定費が低額」など、決済代行サービスによって費用や料率も異なります。代行手数料の課金形態やトランザクションフィー(通信費)なども確認しましょう。イニシャルコストだけでなく、運用後のコストも試算して検討します。

ペイジェントなら…ノウハウ豊富な営業の「提案力」

御社のECビジネスを成功に導く提案力

ペイジェントは、ご導入いただいている多くの企業から、営業提案力を高く評価していただいています。豊富なノウハウを持ったペイジェントの営業が、皆様からのお問い合わせに応じた的確な提案を行いますので、お気軽にご相談ください。

ペイジェントの営業…豊富なノウハウ、ビジネスアドバイス、システムアドバイス、課題解決・提案力

ページの先頭へ

STEP4 システムとの関係を明確にしましょう 決済機能導入の際、システム構築で気をつけること

ECサイトを構築するパッケージやシステムに導入しやすい決済代行サービスを選ぶことがおすすめです。モジュールを組み込むのか、外部リンクにするのか、また、他のシステムとの連携なども考慮しましょう。

EC構築パッケージ対応の決済代行サービスを選ぶ

導入予定の決済モジュールがEC構築パッケージに対応していれば、余分な開発費は必要ありません。このため、導入予定のEC構築パッケージが決済代行サービスに対応しているか確認する必要があります。決済代行サービスのセキュリティレベルも確認しておきましょう。

システム管理担当者や構築ベンダーとの連携

実際に決済代行サービスを導入する際には、専門的な知識を持ったシステム管理担当者や構築ベンダーなどと相談し、連携を取る必要があります。また、他のシステムとの連携を図りたい場合、決済代行サービス側がどの程度対応できるかががポイントになります。

情報収集時のチェックポイント
  1. EC構築パッケージへの対応ができるか?
  2. 安心できるセキュリティレベルを確保しているか?
  3. システムやECサイトの状況の合わせた対応が可能なサービスか?

ペイジェントなら…多数のEC構築パッケージに対応

かんたんに、少ない開発工数で決済導入

ペイジェントが提供する決済サービスは、EC-CUBEやZenCartなど下記主要EC構築パッケージに対応しており、かつ1つの決済モジュールで複数の決済手段が導入可能で、開発コストも抑えられます。

EC-CUBE用ペイジェント決済 Zen Cart用ペイジェント決済 osCommerce用ペイジェント決済 ecbeing用ペイジェント決済 mercury用ペイジェント決済

対応パッケージ一覧

安心のシステム構築サポート

ペイジェントの営業担当は、システムにも精通しています。決済システム導入にあたって、御社のECビジネスやシステムに最適な提案を行います。また、弊社の営業担当とシステム担当は密に連絡を取り合っており、迅速かつ的確にサポートいたします。

ページの先頭へ

STEP5 優先すべきポイントを比較して選びましょう 選択時に重要なのは「信頼できる安心感」

導入にあたって、御社が優先するポイントは何でしょうか?コストはもちろん重要ですが、安全性や安定性、対応力やサポート体制なども総合して判断することをおすすめします。

「安さ」だけで判断するのは要注意

決済システムは、中長期的に利用することを考えると、単にコストが安いからといって決めるべきではありません。安定して決済代行サービスを提供できる企業かどうか、大量注文などのトラフィックに対応できるかといった、サービス提供企業の質にも注目すべきです。

信頼性や提案・対応力があること

決済システムが常時稼働し、ダウンタイムが少ないことは、ECサイトには欠かせません。また、導入前の問い合わせへの対応や営業担当の提案力なども見極めましょう。

ペイジェントなら…絶対的な信頼感

IT技術+金融の提案力と信頼性

ペイジェントの資本は、DeNAと三菱UFJニコス。豊富なECビジネスのノウハウと、業界グローバル基準を満たす堅牢かつセキュアなシステムによる安心を備えています。

DeNA × 三菱UFJニコス

ページの先頭へ

STEP6 導入後に後悔しないために運用サポートにも目を向けましょう 運用開始後に問われる決済システムの良し悪し

実際にECサイトの運用がスタートしてから重要となるのがサポート。
決済システムについての問い合わせや、トラブルが発生した場合の対応がしっかりできる決済代行サービスを選びましょう。

カードの不正利用対策は必須

クレジットカード利用が増えるに連れて、第三者によるカードの不正利用(なりすまし購入)などの犯罪や、さまざまなトラブルも起こっています。セキュリティコード認証や3Dセキュア認証に対応したクレジットカード決済を導入することが望まれます。

軽視できないアフターサポート体制

決済システムを運用するにあたり、ECサイト稼働後に決済手段の追加や基幹システムの変更に伴う調整などが必要となることもあります。アフターサポート体制が整っていて、問い合わせや相談がしやすい“パートナー”を選びましょう。

ペイジェントなら…導入後のアフターフォローも好評

導入実績の中で蓄積した「トラブル対処法」

クレジットカード決済をはじめ、さまざまな決済手段に対して、不正やトラブルの傾向と対策をノウハウとして蓄積しています。対処法やお客様へのフォローなど、アドバイスすることが可能です。

アフターフォロー専門部隊を編成

運用中のお客様からのご相談・お問い合わせ窓口として、アフターフォロー専任の部隊を設けています。営業、システム、運用の各担当が、迅速かつ的確に対応いたします。

ページの先頭へ

ペイジェントが選ばれる5つの理由 クレジットカード決済 ECサイトに必要なクレジットカード決済のほか、携帯キャリア決済など7種類の決済方法を一括で導入いただけます。