直接本文へ移動する

プレスリリース

ペイジェント、多言語対応版「EC-CUBE」に対応した
多通貨カード決済プラグインを2013年9月にリリース。

2013年8月22日
株式会社ペイジェント

株式会社ディー・エヌ・エーの子会社である株式会社ペイジェント(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:上林 靖史、以下ペイジェント)は、株式会社ロックオン(本社:大阪市北区 代表取締役社長:岩田 進、以下ロックオン)の、多言語対応版「EC-CUBE」に対応した、多通貨カード決済プラグインを2013年9月にリリースすることを本日発表いたします。

これにより、国内のEC事業主は、多言語対応版「EC-CUBE」とペイジェントの多通貨カード決済プラグインを利用することで、追加開発をすること無く、多通貨カード決済機能を搭載した店舗開設が可能となります。

■ペイジェントの多通貨カード決済プラグインについて

ペイジェントは、国内の決済代行業者としては初めて、国内クレジットカード会社が提供する多通貨カード決済サービスを2013年9月に導入予定で、本プラグインはそのサービス開始にあわせてリリースいたします。

ペイジェントの多通貨カード決済プラグインの特徴は、以下の通りです。

  • 国内のEC事業主が海外の消費者に商品を販売する場合、円建て以外でカード決済を行うことはできませんが、本プラグイン利用により、外貨建てのカード決済が可能となり、海外の消費者に自国の通貨表記の値段を表示し、為替の変動を気にすることなくご利用いただけます。(※1)
  • 海外に現地法人を設立することなく、外貨建てのカード決済を導入できます。
  • 国内向け決済サービスと同水準の日本語サポートを提供する他、売上代金はペイジェント経由の円建てで一括入金されるなど、両替・精算などの外貨取扱いにかかる業務負担を大幅に軽減できます。

多言語対応版「EC-CUBE」に対応した、ペイジェントの多通貨カード決済プラグインについて、いち早くご利用を希望される方は、以下よりお問い合わせ下さい。

【ペイジェントの多通貨カード決済プラグイン利用窓口】
株式会社ペイジェント 営業推進部宛 電話番号:03-5304-1806

■ペイジェントが提供する決済サービスについて

URL http://www.paygent.co.jp/
サービス内容 インターネットや携帯電話により販売やサービス提供をしているEC事業者に対する収納代行サービス。2011年12月31日時点の提携加盟店は4,516店舗。
決済メニュー クレジットカード決済、コンビニ決済、ネット・モバイルバンキング決済、ATM決済、携帯キャリア決済、スマートフォンキャリア決済、銀行振込決済
ペイジェント決済代行サービス
対応銀行ネット決済金融機関
全国1,400行以上の金融機関
<メガバンク>
三菱東京UFJ銀行(旧東京三菱、旧UFJ)、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行
<ネットバンク>
じぶん銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行、JAバンク(886行)、JFマリンバンク(218行)、全国の地方銀行(38行)、信用金庫(257庫)、労働金庫(13庫)
接続方法 モジュールタイプ(サーバー間接続)
リンクタイプ(ペイジェントが決済画面を提供)

※1 リリース当初は、米ドルやユーロをはじめ、人民元、韓国ウォン、台湾ドル、香港ドル、シンガポールドル、英ポンドの8通貨に対応し、将来的には約20種類の通貨に対応予定です。


■関連情報

2013年9月27日に開催した株式会社ロックオン主催の「越境EC経験者が語るEC-CUBE海外支援セミナー」で弊社が公演した内容が小冊子になりました。下記よりダウンロードできます。


まずはお気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフが、どんな悩みにもお応えします。

資料請求 今すぐダウンロード 見積り依頼 無料相談お問い合わせ お電話でのお問い合わせ 03-4366-7270(平日 9:00~18:00)