直接本文へ移動する

プレスリリース

株式会社ペイジェントへの出資に関わる資本業務提携について
~EC決済代行サービスを拡充し加盟店網を拡大~

2013年12月19日
株式会社ディー・エヌ・エー
三菱UFJニコス株式会社
株式会社ペイジェント

株式会社ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安功、以下「DeNA」)と三菱UFJニコス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:和田哲哉、以下「三菱UFJニコス」)は、DeNAの連結子会社で、決済代行事業を展開する株式会社ペイジェント(東京都渋谷区、代表取締役社長: 上林靖史、以下「ペイジェント」)に関する資本業務提携に係る契約を、12月10日に締結しました。これにより、DeNAと三菱UFJニコスの折半出資による新生ペイジェントが12月20日から始動します。
なお、ペイジェントはこれまで、DeNA(出資比率50%)、三菱東京UFJ銀行(同40%)及び農林中央金庫(同10%)の3社を株主として運営してきましたが、今般、三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫の出資分を、三菱UFJニコス(計50%)が取得することで、ペイジェントは三菱UFJニコスの持分法適用会社となります。なお、DeNAの出資比率(50%・連結子会社)に変更はございません。

1. 資本業務提携の目的

国内消費にようやく上昇の兆しが見え始めた中、EC市場においては、2012年度の10兆円から、2018年度には、20兆円に達し(※野村総合研究所調べ)、2020年の東京オリンピックに向けてさらに成長が見込まれており、まさに有望市場との期待が高まっています。 ペイジェントは、成長著しいネット決済の次代を見据え、リテール金融サービス分野において永年の実績と広範な加盟店網を有する三菱UFJニコスの資本参加を受け入れることにより、EC決済代行サービスの拡充と加盟店の拡大を推し進めていきます。 一方、三菱UFJニコスは、ペイジェントへの資本参加を通じて、拡大が見込まれるECマーケットにおけるクレジットカード需要の取り込み強化を目指していくものです。

2. ペイジェントが提供する決済サービスについて

概要 インターネットや携帯電話により販売やサービス提供をしているEC事業者に対する収納代行サービス。
決済メニュー クレジットカード決済、コンビニ決済、ネット・モバイルバンキング決済、ATM決済、払込票決済、携帯キャリア決済、スマートフォンキャリア決済、銀行振込決済、電子マネー決済
URL http://www.paygent.co.jp

3. 株式会社ペイジェントの概要

(1) 名称 株式会社ペイジェント
(2) 所在地 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 上林靖史
(4) 事業内容 PC、スマートフォン、携帯電話、タブレット等インターネット上での電子商取引に係る収納代行事業
(5) 資本金 4億円
(6) 設立年月日 2006年5月1日
(7) 大株主及び持株比率 株式会社ディー・エヌ・エー(50%)
三菱東京UFJ銀行(40%)
農林中央金庫(10%)
(2013年12月10日現在、株式異動前)



まずはお気軽にご相談ください。経験豊富なスタッフが、どんな悩みにもお応えします。

資料請求 今すぐダウンロード 見積り依頼 無料相談お問い合わせ お電話でのお問い合わせ 03-4366-7270(平日 9:00~18:00)