直接本文へ移動する
  1. クレジットカード決済HOME>
  2. ECサイト成功コラム>
  3. レンタルショッピングカート比較・選び方

レンタルショッピングカート比較・選び方

レンタルショッピングカートの定義

この記事でいうレンタルショッピングカートとは、「レジ部分を含んだネットショップ全体をレンタルしてくれるASPサービス」「システム開発・インストール作業が不要なタイプのネットショップ」を指します。

(「レンタルショッピングカート」の定義は、「=レンタルASP」、「=CGIそのもの」、「=EC構築パッケージ」など使う人によって異なります。また「ショッピングカート」についても、「ネットショップ全体=ショッピングカート」、「ネットショップのレジ部分がショッピングカート」の2種類の使われ方があります。)

インストール・開発して利用するタイプ(ショッピングカートCGI、EC構築パッケージ)の比較が見たい方はこちら

少ない初期投資で始められるのが特徴

レンタルショッピングカートはインストール・開発が必要なEC構築パッケージよりも低コスト、少ない初期投資で始められるのが特徴です。

ネットショップ開店がかんたんで、サポートも充実していることも多いなど、初めてネットショップを開く人にやさしいサービスが豊富です。
自由度はEC構築パッケージに比べて低いので、システム的なカスタマイズは難しい面がデメリットです。

レンタルショッピングカート選びの、3つのポイント

1.使いたい機能は備わっているか

レンタルショッピングカートを利用する場合、機能的なカスタマイズができない場合が多いです。

デザインを変更できる機能が必要かどうか、使える決済手段は想定しているお客様にあっているか、必要度が高い機能をしっかり把握してサービスを選ばなくてはいけません。

2.想定しているネットショップの規模とサービス内容はあっているか

レンタルショッピングカートでは、商品登録数や、受注数が決まっているサービスなどもあります。小規模なサイトでしたら商品登録数が少なくてもかまいませんが、多くなるなら、登録数が多いところを選ばなくてはいけません。

これから運営するネットショップの規模を想像して、レンタルショッピングカートが提供するサービス内容と照らし合わせ、検討する必要があります。

3.サポート体制は整っているか

サポート体制が整っているということは、そのサービスを受けたときの安定感にもなります。

自社にデータを保有していない分、そういった体制が整っていないと、いざトラブルが起こったときに対処のしようがないので、サポート体制が整っているかどうかは、売上げを安定して出せるかどうかの重要な要素のひとつです。

主要なレンタルショッピングカート一覧・比較

お客様向け機能の比較
ショッピングカート名 初期費用 月額費用 試用期間 商品登録数 デザイン
カスタマイズ
カラーミーショップ(ライトプラン)
詳細へ
3,150円 875円 30日間 200MB以内
MakeShop(フリープラン)
詳細へ
10,500円 0円 15日間 30件 ×
助ネコ ECショップ
詳細へ
30,000円 15,000円 30日間 1,500件
aishipR
詳細へ
21,000円 9,800円 14日間 500件

小規模サイトで安く手軽に始めたい場合は、MakeShop(フリー)や、カラーミーショップ(ライトプラン)がおすすめです。
商品数が多いときは、助ネコECショップが対応しています。また、スマートフォン対応に力をいれたい企業様やマルチデバイス対応をお考え の方はaishipRがおすすめです。

まだピンとこない、比較表をみてもイメージがわかない方は、お試し利用期間でとりあえず使ってみるというのも一つの手です。

利用できる機能・サポート体制・トータルコストと、どのくらいの受注・売上規模のネットショップを運営するのかのバランスをとって判断することが、ポイントです。