資料請求

決済代行サービスは個人事業主でも利用できる?利用のメリット・ポイントを解説!

個人事業主でも決済代行サービスが使えるのか疑問な方は多いのではないでしょうか。結論から言うと、個人事業主でも問題なく利用できることがほとんどです。

本記事では個人事業主が決済代行サービスを利用するメリットを解説します。また、決済代行サービスの選定ポイントについてもまとめました。

本記事を読むことで決済代行サービスの利用に関する疑問が解決します。決済代行サービスの利用を検討している方はぜひお読みください。
 

決済代行サービスとは?


 

決済代行サービスとは、決済導入やその後の運営などを代行してくれるサービスを指します。決済代行サービスを使うことで、経理業務に時間を割かなくてよくなり、事業者はコア業務に集中することができます。

たとえば、クレジットカード決済をECサイトに導入する場合をみていきましょう。カード決済を導入するには、VISAやMastercardなどの各カードブランドの加盟店にならなくてはいけません。加盟店になるには審査を受けなくてはならず、書類の準備などが必要です。

さらに、審査が完了した後は、カード決済のシステムを導入する必要があります。その後は、顧客からのキャンセル要求やトラブルに対応したり、カード会社からの入金を確認したりしなくてはいけません。

決済代行サービスを使うことで、そのような面倒な作業を減らすことができます。

決済代行サービスは個人事業主でも利用可能

ほとんどの決済代行サービスは個人事業主でも利用することができます。

たとえば、個人で運営している屋台やラーメン屋でも多くのキャッシュレス決済に対応していることがあります。このような場合、個人で決済を導入している例は少なく、決済代行サービスを利用していることが多いです。

決済代行サービスを利用するには、決済代行会社と契約する必要があります。ただ、契約するにあたって行われる審査に落ちるケースはあまり多くありません。
 

個人事業主が決済代行サービスを利用するシーン

個人事業主が決済代行サービスを利用する例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 塾を運営しており、月会費の支払いを楽にするために継続課金の仕組みがほしい
  • 実店舗を運営しているが、現金払いしか対応していないのでカード決済などを導入したい
  • ECサイトを運営しているが、代金引換や銀行振込しか対応していないので、他のキャッシュレス決済を導入したい
     

特に最近では、ECサイトを手軽に運営できるシステムが普及したこともあり、個人でお店を開く人が増えています。ECサイトに多くのユーザーを取り込むためには決済の手段を増やす必要があるため、決済代行サービスの利用がおすすめできます。
 

個人事業主こそ決済代行サービスを利用した方が良い理由


 

決済代行サービスは、個人事業主にこそ利用してほしいサービスです。決済代行サービスを利用することで、次の6つのメリットを享受できるためです。

  • 導入・運営の手間が省ける
  • 複数の決済を導入できる
  • 入金管理の手間も省ける
  • 決済システムを提供してもらえる
  • 継続課金にも対応している場合がある
  • 決済運用に関するサポートをしてもらえる
     

1つ1つのメリットについて詳しく解説していきます。
 

導入・運営の手間が省ける

決済代行サービスを使うことで、決済の導入・運営の手間を省くことができます。これがもっとも直接的なメリットと言えるでしょう。

個人でECサイトや実店舗を運営するのは非常に大変です。商品の管理や店の管理などで精一杯な方が多いかと思います。決済代行サービスを使えば、決済に関わる雑務を行う負担を減らすことができ、個人事業主はコア業務に集中することが可能です。

また、決済に関わる業務は人的ミスが発生してしまうと被害が大きくなる恐れがあります。決済代行サービスを使えば、人的ミスも減らすことが可能です。

複数の決済を導入できる

決済代行サービスを使えば複数の決済を一括で導入することが可能です。 クレジットカード決済はもちろんのこと、コンビニ決済やATM決済、キャリア決済などさまざまなWeb決済を導入することが可能です。

複数の決済を導入することで、幅広いユーザーに対応することができます。どの決済手段をメインに使うかは人によって異なります。たとえば、カードを作ることができない18歳未満の方は、他の決済手段を使いたいと思うでしょう。

顧客層と相性の良い決済を中心に、なるべく多くの決済を導入することが肝心です。

入金管理の手間も省ける

決済代行サービスを使うことで、入金管理の手間を省くことができます。

代行サービスを使わない場合、契約している複数の決済機関からの入金を確認しなくてはいけません。決済機関によって入金日は異なります。そのため、決済の種類を増やすほど、1ヶ月になんども入金確認を行わなくてはいけません。

代行サービスを使う場合、代行会社がそれぞれの会社の入金を1日にまとめてこちらに入金してくれます。そのため、1ヶ月に1回だけ入金確認すれば良くなります。

決済システムを提供してもらえる

決済代行サービスを使わない場合、各決済機関に対応したシステムを自分で用意しないといけません。決済システムはセキュリティを強固にする必要もあり、自分で構築するのは非常に手間がかかります。

決済代行サービスは、各決済機関に対応したシステムを提供してくれます。そのため、システム開発の手間も省くことが可能です。

加えて、決済代行会社から提供される管理画面では、複数の決済状況を一元管理することができます。決済のキャンセル対応なども素早く行うことができるでしょう。

継続課金にも対応している場合がある

決済代行サービスによっては、継続課金にも対応している可能性があります。継続課金とは、支払いが自動的に行われる仕組みのことです。

たとえば、塾の会費やアパートの家賃など、毎月ユーザーに定額を支払ってもらう必要があるものは、継続課金の仕組みを導入した方が良い場合が多いです。

継続課金を導入しない場合、入金日が近づく度にユーザーに入金のお知らせを出さないといけません。また、支払いを忘れてしまうユーザーがいた場合、催促の手間も発生します。

継続課金を導入すれば、自動的に支払いが行われるようになり、ユーザーの支払い忘れもなくなります。継続課金はユーザー・事業者双方にメリットがあると言えるでしょう。

決済運用に関するサポートをしてもらえる

決済代行サービスでは、決済運用に関するサポートをしてもらえます。決済導入に関して分からないことがあれば、チャットやメール、電話などで質問することが可能です。決済管理ツールの使い方が分からない場合なども、丁寧に教えてもらえることが多いです。

個人事業主が決済代行サービスを選ぶポイント

決済代行サービスには多くの種類があり、どれを選択したら良いか分からない方も多いでしょう。決済代行サービスを選択する際は、次の5つのポイントに着目すると良いです。

  • 導入実績が豊富か
  • 決済手段が豊富か
  • 初期費用や手数料はどの程度か
  • 決済システムは使いやすいか
  • 入金サイクルは早いか
     

これら5つを満たしているサービスが理想と言えます。1つ1つのポイントについて詳しく解説していきます。
 

導入実績が豊富か

まず確認したいのが、導入実績が豊富かどうかです。導入実績は基本的には公式サイトに公開されているので、すぐに調べることができます。

導入実績が豊富ということは、それだけ信頼性が高いということであり、サービスの質も高いことが多いです。特に同じ業界や業種の導入実績が豊富な場合、事業内容とサービス内容の相性が良い可能性が高いと言えます。

また、人気が高いサービスは、利用途中で終了してしまう可能性も低いです。サービスが終了すると、他の代行会社と再度契約しなくてはならず、手間がかかります。

決済手段が豊富か

できるだけ決済手段が豊富なサービスを選んだ方が良いです。導入できる決済一覧に、利用したいものがなかった場合、他のサービスも併用しないといけなくなります。代行サービスを使うにも関わらず、窓口を一本化できないのはもったいないです。

ある程度事業規模が大きくなったら、より多くのユーザーを取り込むために、マイナーな決済も導入しないといけなくなることがあります。そのため、今のところはカード決済しか導入しないとしても、決済手段が豊富なサービスを選択した方が安心できます。

初期費用や手数料はどの程度か

決済代行サービスによって初期費用や手数料の金額は異なります。サービスによってはさまざまな費用がかかる場合があります。

たとえば、決済データの転送料であるトランザクション料や、指定口座に入金してもらう際にかかる振込手数料などが発生することもあります。一方で、これらの費用が一切かからないサービスもあります。

決済代行サービスと契約する前に、何の費用がかかるのか細かく調べることが大切です。

決済システムは使いやすいか

決済代行会社から提供されるシステムの使いやすさも重要です。管理ツールの機能が豊富で、かつ自社の業務フローとマッチしているとベストです。

管理画面が見やすいか、キャンセル対応や売上確認は素早く行えるか、などを重視して選択すると良いでしょう。

決済システムの使い方に関しては、公式サイトに説明がある場合が多いです。

入金サイクルは早いか

入金サイクルができるだけ早い決済代行サービスを選ぶのがおすすめです。毎月の「入金日」と「締め回数」に着目しましょう。

たとえば、「締め日が毎月の末日で、入金日が15日」になっているなら、4月の入金は5月の15日にまとめて入金されることになります。「入金日」と「締め回数」に関しては、サービスによって結構異なります。

入金日が早かったり、締め回数が多かったりする場合、売上が早く手元に入るため、資金繰りが楽になります。特に事業を始めたばかりの頃は、お金に余裕がないことも多いですから、決済代行サービスの入金サイクルは重視した方が良いでしょう。

個人事業主におすすめの決済代行会社は『ペイジェント』

個人事業主の方におすすめの決済代行会社は『ペイジェント』です。ペイジェントの代行サービスは多くの導入実績を持っており、安心して利用することができます。大手企業を含め多くの企業にサービスの質やシステムの使いやすさが評価されています。

『ペイジェント』の強みは、導入できる決済手段が豊富なことです。ECサイトなどに導入される主要決済のほとんどに対応しているため、顧客層や商品の種類に関わらず利用することができます。

また、『ペイジェント』には「早期入金オプション」というサービスもあります。こちらに加入すると、売上の入金日をさらに早めることができます。最短で5営業日後に入金でき、かつ締め日を月2~4回に細分化することが可能です。

資金繰りに苦労する個人事業主の方の方も多いかと思います。そういった方には、「早期入金オプション」が特におすすめです。

ペイジェントに興味のある方は、以下の窓口からお気軽にお問い合わせください。サービス内容に関するどんな小さなことにも、スタッフが丁寧に回答させて頂きます。

お問い合わせへ

まとめ

本記事では個人事業主が決済代行サービスを利用するメリットを解説しました。決済代行サービスは、一人ですべてをこなさなくてはいけない個人事業主こそ利用した方が良いです。カード会社などとのやり取りなど面倒な雑務を代行してもらえるため、個人事業主の方は大事な商品改善やマーケティングに労力を費やすことができます。

また、決済代行サービスを利用すれば、多くの決済を一括で導入できます。ECサイトや実店舗にはできるだけ多くの決済を用意した方が、ユーザーの利便性を高めることができ、リピーター増加につながります。

その他、決済代行サービスには多くのメリットがあるため、個人や実店舗やECサイトの運営を行っている方、これから始める方はサービスの利用を検討してみてください。

まずはお気軽にご相談ください。
スタッフがどんなお悩みにも
お応えします。

webからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6327-2862 03-6327-2862 (平日10:00~17:00)