資料請求

クレジットカード決済の導入方法とは?メリットやポイントも解説!

実店舗やECサイトにクレジットカード決済を導入したいものの、どのように導入すれば良いか分からない、という事業者の方は多いのではないでしょうか。カード決済はオンライン決済の中でもっとも多く使われており、昨今のキャッシュレス化の流れを試みても、早期に導入した方が利点が多いと言えます。

本記事ではクレジットカード決済の導入方法について解説します。また、クレジットカード決済のメリットや導入ポイントについてもまとめました。

本記事を読むことで、クレジットカード決済を導入できるようになります。カード決済に興味のある事業者の方はぜひ参考にしてください。

 

クレジットカード決済とは?

クレジットカード決済は、文字通りクレジットカードを使って支払いを行うことです。

実店舗の場合は、専用の端末にカードを差し込み、店員が操作を行うことで決済が行われます。ECサイトの場合、ユーザーがカード情報を入力し、システム側でそれを承認することで決済を行います。

カード決済はオンライン決済の中でも特に多く使われています。カード決済の大きな特徴は、後払いであることです。ユーザーは商品を購入したタイミングではお金を支払わず、その代わりカード会社が事業者にお金を立て替え払いします。その後、引き落とし日になるとカード会社はユーザーに支払いを請求するという仕組みになっています。
 

クレジットカード決済を導入する方法には2つある

クレジットカード決済を導入する方法には、大きく分けて2つあります。

クレジットカード会社と直接契約する 決済代行会社を使う

この2つの方法のどちらを選択するかによって、導入にかかる時間や導入難易度が大きく変わる可能性もあるので注意が必要です。1つ1つの導入方法について詳しく解説します。
 

クレジットカード会社と直接契約する

1つ目は、クレジットカード会社と直接契約する方法です。カード会社に加盟店になりたい旨を知らせ資料請求を行います。必要書類をカード会社に提出すれば、カード会社の審査を受けることが可能です。審査に受かれば、カード決済を導入することができます。

しかしながら、直接契約は特に個人事業主や中小企業にはあまりおすすめできません。というのもカード決済を導入する場合、VisaやMastercardなど各ブランドそれぞれと契約しなくてはいけないためです。契約に多大な時間を取られますし、その後のやり取りや入金確認にも手間がかかるでしょう。

決済代行会社を使う

2つ目は、決済代行会社を使う方法です。決済代行会社は、カード会社との契約を代行してくれる会社のことです。たとえば、決済代行会社に対して、「クレジットカード決済を導入したい」といえば、複数のカード会社との契約準備を行ってくれます。

決済代行会社を使う場合、事業者は代行会社とのみやり取りすれば良くなります。そのため、導入やその後のやり取りにかかる時間を削減することが可能です。また、代行会社は各カード会社からの入金を1つにまとめてこちらに送ってくれるため、入金確認処理も簡略化されます。

更に、決済導入に必要なシステムも提供してくれる場合が多く、事業者は自らシステムを構築する必要がないのもメリットです。代行会社が提供するシステムは、各ブランドの決済情報を一括で管理できる、など便利な機能が搭載されている場合も多いです。

クレジットカード決済を導入するメリット

クレジットカード決済を導入するメリットは次の5つです。

顧客単価向上につながる 顧客層が拡大する 顧客満足度向上につながる 現金管理が簡略化する 海外需要も見込める

このようなメリットがあるため、多くの実店舗やECサイトではクレジットカード決済を導入しています。もちろん、導入コストや決済手数料はかかってきますが、それ以上のリターンを得られる場合が多いです。

1つ1つのクレジットカード決済の導入メリットについて詳しく解説していきます。
 

顧客単価向上につながる

クレジットカード決済を導入することで、顧客単価向上につながる可能性があります。カード払いは後払いであり、ユーザーは手元に現金がない状態でも購入することができるためです。また、購入するまでの精神的ハードルも低く、高い商品も買ってもらいやすくなります。

加えて、クレジットカードの多くは購入するとポイントがつきます。高額商品を購入すればそれだけ多くのポイントがもらえるため、高額商品であるほど、ユーザーはクレジットカードで購入したいと思うのてす。
 

顧客層が拡大する

クレジットカード決済を導入することで、顧客層を拡大することも可能です。最近はキャッシュレス化が進んでいることもあり、現金を持たずカードだけで支払いを済ます人も増えているためです。

クレジットカードですべての支払いを済ませれば、財布を持ち歩く必要もありませんし、手数料を払って口座から下ろす必要もなくなります。

ただし、クレジットカードを持っていない人も当然いるため、クレジットカード決済だけですべてのユーザーを取り込めるわけではない点は注意が必要です。より多くのユーザーを取り込みたいのであれば、他の決済手段も取り入れる必要があるでしょう。
 

顧客満足度向上につながる

クレジットカード決済を導入することは、顧客満足度が向上し、また同じ店舗で買い物してくれる人を増やすことにもつながります。カード決済は、決済手段の中でも非常にシンプルで簡単です。

たとえばECサイトの場合、カード情報を入力するだけで簡単に支払いが可能です。一方で、銀行振込やコンビニ決済の場合、支払いのために外出する必要が出てきます。
 

現金管理が簡略化する

クレジットカード決済を導入することは、現金管理を簡略化させることにもつながります。実店舗では、レジ締めや釣り銭の準備などを毎日行う必要があります。現金払いしか対応していない場合、レジ締めや釣り銭準備に多くの時間を取られてしまいます。

カード決済を導入すれば、そういった現金管理の手間を少しでも省くことが可能です。

海外需要も見込める

クレジットカード決済を導入すれば、海外需要も見込めるようになります。VisaやMastercardなどの国際ブランドは世界中で使われています。一方、電子マネーやQRコード決済は国によってサービスが異なるため、外国人観光客は使えない可能性があります。
 

クレジットカード決済を導入する際の代行会社の選び方

クレジットカード決済を導入する場合は、決済代行会社と契約するのがおすすめです。しかしながら、世の中には多くの決済代行会社があるため、どの会社と契約すれば良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、クレジットカード決済を導入する際の、決済代行会社の選び方について解説します。決済代行会社は、次の4つのポイントを見て契約するか決めると良いでしょう。

導入実績が豊富か クレジットカード決済以外の決済手段が豊富か 入金サイクルや支払いまでの日数が自社向きか どのブランドに対応しているか

決済代行会社を決める際の1つ1つのポイントについて、詳しく解説していきます。

導入実績が豊富か

なるべく導入実績が豊富な代行会社を選んだ方が安心です。

実績が豊富ということは、それだけ多くの企業から評価されており、サポートが手厚い・システムが使いやすい、などサービスとして優秀である可能性が高いためです。また、導入実績が豊富な会社は、倒産リスクも低いと言えます。

クレジットカード決済以外の決済手段が豊富か

クレジットカード決済以外の決済手段が豊富かも確認したい事項です。カード決済導入後、さらに売上を伸ばしたいと他の決済も導入したくなることがあります。

契約している代行会社に導入したい決済手段がない場合、他の代行会社に頼まないといけなくなるかもしれません。複数の代行会社と契約するには手間になってしまうため、最初から決済手段が豊富な代行会社を選んだ方が良いです。

入金サイクルや支払いまでの日数が自社向きか

決済代行会社によって入金サイクルや支払いまでの日数は異なります。たとえば入金サイクルは、月2回の場合もあれば4回の場合もあります。

特に事業を始めたばかりの頃は資金繰りに苦労することが多いため、入金サイクル短く、かつ支払いが早い決済代行会社を選ぶことをおすすめします。

どのブランドに対応しているか

カード決済の中でもどのブランドに対応しているかは、確認した方が良いです。Visaなどの5大ブランドには基本対応していることが多いですが、その他は代行会社によって対応/非対応が異なっています。

どのカードブランドを導入すべきかは事業内容や顧客層によって変わりますので、カードブランドの特徴ついてあらかじめ調べておくと良いでしょう。
 

クレジットカード決済を導入するなら『ペイジェント』がおすすめ!

ここまで決済代行会社の選び方を解説してきました。しかしながら、自社に合った会社かどうか見極めるには、決済代行会社に関する深い知識が必要であり、ハードルが高いと思われる方も多いかもしれません。

どの代行会社を選ぶべきか分からない場合は、『ペイジェント』がおすすめです。『ペイジェント』はNTTデータと三菱UFJニコスが出資している代行会社であり、どなたでも安心して利用することができます。

また、次の3つの特徴を持っているのもおすすめできる点です。

対応ブランドと支払い方法が豊富 継続課金にも対応 他にもさまざまな決済に対応

 

対応ブランドと支払い方法が豊富

『ペイジェント』は、VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Clubの5大ブランドはもちろんのこと、ディスカバーカードにも対応しています。ディスカバーカードは海外で広く使われており、近年シェアを伸ばしています。

また、クレジットカードと言えば、分割払いやリボ払い、ボーナス一括払いといった支払い方法を選べるのが特徴ですが、『ペイジェント』ではそれらすべてに対応しています。

継続課金にも対応

『ペイジェント』は、継続課金サービスを提供しており、定期購入や会費の徴収といった継続課金に活用することが可能です。継続課金サービスでは、ユーザーに毎月アクションを求めなくても、料金を確保することができます。

他にもさまざまな決済に対応

『ペイジェント』はクレジットカード決済だけでなく、コンビニ決済やATM決済、キャリア決済など幅広い決済に対応しており、事業者はそれらを一括で導入することが可能です。

幅広い決済を導入することで、より顧客層を広げることができます。たとえばコンビニ決済を導入すれば、クレジットカードを持っていない若年層なども取り込みやすくなります。

以上のように、『ペイジェント』は他の代行会社にはない多くの利点があります。

『ペイジェント』に興味のある方は、以下の窓口からお気軽にお問い合わせください。サービス内容に関するどんな小さなことにも、スタッフが丁寧に回答させて頂きます。

お問い合わせへ

まとめ

本記事ではクレジットカード決済の導入方法について解説しました。クレジットカード決済のメリットや決済代行会社選びのポイントなどが、お分かりいただけたかと思います。

キャッシュレス決済が普及した昨今、多くの人が実店舗やECサイトでクレジットカードを使って支払いたいと思っています。顧客満足度を上げるため、また顧客層を広げるためにも、クレジットカード決済を導入することをおすすめします。

クレジットカード決済を導入する場合は、ぜひ『ペイジェント』にお任せください。導入実績が豊富な『ペイジェント』は、初めて代行会社を利用する方にも手厚くサポートさせていただくことが可能です。

まずはお気軽にご相談ください。
スタッフがどんなお悩みにも
お応えします。

webからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6327-2862 03-6327-2862 (平日10:00~17:00)