2022/02/07

【3Dセキュア1.0終了】不正利用発生時の加盟店様負担について

3Dセキュアとは

3Dセキュアとは、カード決済不正利用対策として、カード会社が認定している本人認証サービスです。
カードブランド各社の方針により従来の3Dセキュア1.0から3Dセキュア2.0に全面移行となります。
2022年10月~現行の3Dセキュア1.0利用取引での不正利用発生時の売上損失は、加盟店様のご負担となります。

3Dセキュアとは

2022年10月までに3Dセキュア2.0へ移行を

2022年10月までに3Dセキュア2.0移行を

2022年10月に3Dセキュア2.0への全面移行が実施されるため、お早めの導入をおすすめいたします。
3Dセキュア2.0では、より便利に、より安全に本人認証を行えます。
新規のご利用、現在ご利用の3Dセキュア1.0からの移行も、ペイジェントにおまかせください。

3Dセキュア2.0の利点

不正利用発生時は加盟店様負担なし

不正利用等の理由で、カード会社が加盟店様に対して支払いを行わないことをチャージバックといいます。
チャージバックが発生した場合、加盟店様はサービスを提供したにもかかわらず、売上金を回収できなくなってしまいます。
2022年10月より、3Dセキュアを導入されていてもご利用バージョンが1.0利用の場合は、チャージバック負担が加盟店様に掛かります。3Dセキュア2.0ご利用であれば、基本的にカード会社の負担になり、加盟店様の負担はございません。

かご落ちリスクが低減

過去の取引履歴等をもととしたリスクベース認証により、およそ90~95%のお取引はパスワード入力なしでお取引が成立、カゴ落ちリスクが改善します。
一部取引はチャレンジ認証が必要になりますが、ワンタイムパスワード等で認証を行います。購入者様のパスワード失念による機会損失を防ぐことができます。

3Dセキュア2.0認証の流れ

詳しくはお問い合わせください

関連

[用語辞典] 3Dセキュア
[用語辞典] チャージバック
[記事] 3Dセキュア

関連用語

  • 3Dセキュア
    クレジットカード決済の際に、クレジットカード番号の入力に加え、カード所持者が予めカード会社に登録したパスワードで本人確認を行う仕組みです。カード番号のみを...
  • チャージバック
    不正利用などで、クレジットカード会社が債権譲渡を取り消すことです。チャージバックがあると、ネットショップは売上金を受け取ることができません。

まずはお気軽にご相談ください。
スタッフがどんなお悩みにも
お応えします。

webからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6327-2862 03-6327-2862 (平日10:00~17:00)