決済サービス

トークン決済

JavaScriptを使用した非通過型決済
カード情報漏洩リスクを低減する非保持化ソリューションです

トークン決済とは、購入者が入力するクレジットカード番号を加盟店様のサーバを通過せずにペイジェントへ送信し、その番号を暗号化された文字列(トークン)に変換してオーソリを実行する決済方法です。

決済代行サービスをご検討中の方へ

料金・機能がわかる「資料ダウンロード」

03-4366-7270(平日9:00〜17:30)

不正使用額の推移

トークン決済のメリット

カード情報の漏えいリスクを軽減

カード情報が加盟店様サーバを通過せずに、オーソリが実行されるため、外部からの不正アクセス等により情報漏えいが発生するリスクが、従来のモジュール組込タイプに比べて低くなります。

購入者のカード情報を直接ペイジェントへ送信

JavaScript を利用することで、購入者のブラウザから加盟店様サーバを通過させずに直接ペイジェントへカード情報を送信します。

トークン(カード情報を置き換えた文字列)でオーソリ実行

ペイジェントがカード情報受信後に返却するトークン(カード情報を置き換えた文字列)を利用してオーソリを実行します。

トークンは不正利用が不可能

トークンが万が一漏えいしても、第三者がトークンからカード情報を特定することはできません。トークン自体は意味のないデータなので、他のサイト等で不正利用されることはありません。

カード情報の非保持化対策

トークン決済の利用で、カード情報の処理・保存・通過がされず、クレジット取引セキュリティ協議会が推進する「カード情報の非保持化(※)」への対策となります。

(※)ネット加盟店様は、2018年3月までにカード情報の非保持化またはPCIDSSへの準拠が必要。詳しい内容は、こちらをご確認ください。

大幅な運用・システム変更なく利用可能

「トークン決済」は、「モジュール組込タイプ」の機能のひとつです。リンクタイプと異なり、決済画面がペイジェントサイトへ遷移しないので、セキュアな環境で従来の決済画面を引き続きご利用いただけます。したがって、従来の加盟店様サイトの運用・システムを大幅に変更することなくご利用いただけます。

決済代行サービスをご検討中の方へ

料金・機能がわかる「資料ダウンロード」

03-4366-7270(平日9:00〜17:30)

従来のモジュール組込タイプとの違い

従来のモジュール組込タイプ

カード情報を加盟店様サーバを通過させてペイジェントサーバへ送信し、カード情報を利用してオーソリ実行

従来のモジュール組込タイプ

①カード情報を加盟店サーバへ送信
②カード情報でオーソリ実行

トークン決済

カード情報は直接ペイジェントサーバへ送信し、トークンを利用してオーソリ実行

トークン決済

①JavaScript により、カード情報をペイジェントへ送信
②トークン返却
③トークンを加盟店サーバへ送信
④トークンでオーソリ実行

リンクタイプとの違い

リンクタイプ トークン決済
サイト遷移

サイト遷移あり

決済画面は、ペイジェントのサイトへ遷移します。

サイト遷移なし

決済画面は、加盟店様のサイトから遷移しません。

決済画面デザイン

ペイジェントのデザイン

ペイジェントがデザインした決済画面をご利用いただけます。

加盟店様のデザイン

加盟店様のサイトなので、独自にデザインした画面をご利用いただけます。

トークン決済の注意点

トークンには有効期限があります

トークンは一度決済に利用するか、一定時間が経過すると無効になります。

JavaScriptの動作環境が必要です

トークン決済は、JavaScript の動作が必要です。そのため、JavaScript の動作環境がない一部のフィーチャーフォンでは、トークン決済をご利用いただけません。

トークン決済に関するお問い合わせ

ペイジェントと既にご契約されている加盟店様

「加盟店サポートサイト」にトークン決済への切替え等に関する「よくある質問」を掲載していますので、ご不明点あればご確認ください。
その他の事項のうち、トークン決済の詳細説明については営業担当者へ、トークン決済の導入サポートについてはペイジェントサービスカウンターへご連絡ください。

ペイジェントと新たに契約することを検討されている加盟店様

トークン決済に関してご不明点があれば、お気軽に以下までお問い合わせください。
03-4366-7270(平日9:00~18:00)

決済代行サービスをご検討中の方へ

料金・機能がわかる「資料ダウンロード」

03-4366-7270(平日9:00〜17:30)