資料請求

カード決済とは?利用の流れやメリット・デメリットについて解説!

カード決済を導入したいと考えているものの、その前にカード決済の仕組みやメリット・デメリットについて今一度復習したいという方は多いのではないでしょうか。カード決済のメリット・デメリットについて理解しておくことで、導入後に費用対効果を最大にできるように、施策や仕組み作りを行えるようになるでしょう。

本記事ではカード決済とは何か、について解説します。カード決済の流れやメリット・デメリットについてまとめました。また、決済代行会社を使う方法についても触れています。

本記事を読むことで、カード決済に関する基礎知識を身につけることが可能です。カード決済に関する知識を深めたいという方はぜひお読みください。
 

カード決済とは?



カード決済とはクレジットカードを使う決済手段を意味します。クレジット(credit)は日本語で「信用」を意味するように、使う人自身に信用があって初めて使える決済手段です。カード会社はユーザーの審査を行い、審査に合格した場合のみ契約を結びます。

ECサイトやリアル店舗にカード決済を導入する場合、カード会社の加盟店になる必要があります。ユーザーが審査を受けるのと同じく、店舗側も決済導入時には審査を受けることになります。審査に合格した場合、カード決済導入に必要な情報を入手することが可能です。

カード決済の特徴は、商品を購入した時点では支払いを行わないことです。決済時には、決済したという情報がカード会社に送られます。そして支払日になるとカード会社は、ユーザーの登録口座からまとめて引き落としを行います。つまり、後払いであるということです。

カード決済の利便性は高く、数多くあるキャッシュレス決済の中でも利用率がかなり高いです。そのため、カード決済を導入しているECサイトやリアル店舗は多くあります。

カード決済の流れについて

カード決済の流れは次の通りです。

1.ユーザーが、カードで商品を購入する
2.カード会社に決済情報が送られる
3.加盟店が、ユーザーに商品を提供する
4.カード会社が、加盟店に1ヶ月の売上額を入金する(手数料を差し引く)
5.カード会社が、ユーザーの口座から1ヶ月の利用額を引き落とす

「4」が行われる日を「入金日」、「5」が行われる日を「支払い日」と呼びます。

カード決済では、ユーザーの支払いを待たずして、加盟店に入金が行われます(立替払い)。そのため、万が一ユーザーが支払ってくれなかったとしても、加盟店側には損失は発生しない仕組みとなっています。

カード決済導入のメリット



カード決済導入のメリットについて解説します。ユーザー側のメリットと加盟店側のメリットを、それぞれ分けて紹介しますので参考にしてください。

ユーザー側のメリット

ユーザー側のメリットは次の3つです。

  • 現金のやり取りが不要になる
  • ポイントを貯められる
  • 分割払いを選択できる
     

現金のやり取りが不要になる

カード決済が使えるなら、現金を財布から取り出さなくてよくなりますし、小銭を数える手間もかかりません。レジでのお支払いがスムーズになります。

現金のやり取りが多くの店舗で不要になれば、現金を持ち歩く必要もなくなります。その分荷物が減りますし、口座から現金を頻繁に引き落とさなくてよくなります。

また、カード決済しか使わなければお金の管理も楽になります。カード決済の明細はサイトからすぐに確認することができるためです。家計簿を自分でつけなくてもサイトを見れば、いつ何にお金を使ったかひと目で分かります。

ポイントを貯められる

カードでお支払いを行うと、多くの場合ポイントが貯まります。貯めたポイントは特定のECサイトで使うことができたり、商品と交換したりすることが可能です。カードによっては還元率が非常に高いものもあり、カード決済を行うだけで節約になる場合もあります。

分割払いを選択できる

カード決済は一括払いだけでなく、分割払いも選択することが可能です。何回かに分けて支払いができるため、高額商品も無理なく購入することができます。ただし、分割払いを行う場合、金利手数料が発生することもあります。

加盟店側のメリット

加盟店側のメリットは次の3つです。

  • 販売機会の拡大に繋がる
  • 客単価向上に繋がる
  • 業務効率化が実現する
     

販売機会の拡大に繋がる

カード決済を導入することで、販売機会を拡大することに繋がります。カード決済は上記で解説したようにユーザーにとってメリットが多いです。そのため「カードで払えるなら購入したい」というユーザーもいるでしょう。

また、ECサイトを運営する場合、海外からの需要が見込めるのもメリットです。海外のユーザーも取り込むことができれば、収益アップのチャンスが生まれます。

客単価向上に繋がる

カード決済を導入することは、客単価向上にも繋がります。カード決済では分割払いができるため、高額商品を購入するハードルが低くなるためです。

また、高額商品を購入すると多くのポイントが付くため、できればカードで購入したいユーザーは多いです。高額商品を扱う場合、カード決済導入の必要性が特に高いと言えます。

業務効率化が実現する

カード決済を導入することは、業務効率化にも繋がります。例えばリアル店舗の場合、決済の度に小銭のやり取りをしなくて済みます。お釣りの金額を間違えることもなくなりますし、レジの行列の問題も解決するかもしれません。

カード決済導入のデメリット



続いて、カード決済導入のデメリットについて解説します。デメリットもメリット同様に、ユーザー側・加盟店側に分けて紹介しましょう。

ユーザー側のデメリット

クレジットカードは利便性が高い決済手段ではあるものの、発行や利用を嫌がるユーザーも中にはいます。カードの不正利用を不安視する方もいますし、後払いのため手軽に購入できるせいで使いすぎてしまうことを心配する方もいます。

カード決済に抵抗のあるユーザーを取りこぼしたくない場合、他の決済手段も用意しておくことが望ましいでしょう。カード決済以外のオンライン決済には、次のようなものがあります。

  • 銀行ネット決済(ネットバンキング)
  • キャリア決済
  • 後払い決済
  • 電子マネー決済
  • アカウントID決済
  • QRコード決済
     

とはいえもちろん、すべての決済手段を導入するのは非常に大変です。そこでおすすめするのが、決済代行会社を利用することです。決済代行会社に関しては後ほど詳しく解説します。

加盟店側のデメリット

加盟店側のデメリットは、決済手数料がかかることです。カード会社の加盟店手数料は、業種や会社の規模、売上高などによって変動します。一般的には、利用金額の3~4%程度と言われています。

ただ、決済手数料はそこまで気にする必要はありません。カード決済導入によって得られる販売機会向上や客単価向上のメリットの方が大きいためです。

カード決済を導入するには?



ここまでカード決済のメリット・デメリットを紹介してきました。カード決済の特性が分かったところで、改めて導入を進めていきたいと考えた方も多いかと思います。

ただ、カード決済を導入する前に、もう1つ重要なことを知っておく必要があります。それは、カード決済導入のやり方についてです。導入のやり方には大きく、次の2種類があります。

  • カード会社と直接契約する
  • 決済代行会社を使う
     

この2つのやり方は、かかる手間などが大きく異なります。
 

カード会社と直接契約する

1つ目がカード会社と直接契約する方法です。以下の5大ブランドを始めとする、カード会社に直接連絡し、審査を受けるための資料を取り寄せます。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
     

ただ、基本的には直接契約はおすすめできません。というのも、5大ブランドと契約するだけでもかなり大変だからです。また、その後も各ブランドと個別にやり取りしなくてはならず、経理の負担が相当に増えてしまいます。

大手企業など経理に人員を割ける場合を除き、直接契約はしない方が良いでしょう。

決済代行会社を使う

2つ目が決済代行会社を使う方法です。特に個人事業主や中小企業など、経理にコストをあまりかけられない場合は、こちらの方法を推奨します。

決済代行会社とは文字通り、決済導入の手続きやその後の管理を代行してくれる会社のことです。代行会社と契約することで、各カード会社との契約はすべて代行してくれます。そのため、経理の負担を大幅に減らすことが可能です。

また、代行会社によってはカード決済以外の決済手段も導入できます。代行会社とのみ契約することで、多様な決済手段を手軽に導入できるのは大きなメリットです。

入金日を統一してくれるのもメリットでしょう。カード会社によって支払日は異なるため、通常は一ヶ月に何度も入金確認を行わなくてはいけません。決済代行会社はバラバラの入金を1日にまとめてこちらに支払ってくれるため、入金確認の手間もかからなくなります。

代行会社は、決済管理画面を提供してくれるのも大きいです。通常は各決済手段ごとに、管理画面を開発する必要があります。開発する手間もかかりますし、その後の管理も複数の管理画面で行わなくてはならず大変です。代行会社を利用する場合は、1つの管理画面で一括管理できます。

このように代行会社には多くのメリットがあるため、利用をおすすめします。

決済代行会社を使う際のカード決済の流れ

決済代行会社を使う際のカード決済の流れは次の通りです。

1.ユーザーが、カードで商品を購入する
2.代行会社に決済情報が送られる
3.カード会社に決済情報が送られる
4.加盟店が、ユーザーに商品を提供する
5.カード会社が、代行会社に1ヶ月の売上額を入金する(手数料を差し引く)
6.代行会社が、加盟店に1ヶ月の売上額を入金する(手数料を差し引く)
7.カード会社が、ユーザーの口座から1ヶ月の利用額を引き落とす

このように、代行会社を経由してカード会社とやり取りを行います。

一見すると二度手間なようにも見えるかもしれませんが、直接契約の場合は複数のカード会社とやり取りしないといけないのに対して、代行会社を使う場合は代行会社とのみやり取りすれば良いだけなので、経理負担が大幅に減ります。

カード決済導入なら『ペイジェント』にお任せ!

カード決済を導入する際は、決済代行会社を活用するのがおすすめです。とはいえ、どの代行会社に頼れば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

カード決済導入はぜひ『ペイジェント』にお任せください。『ペイジェント』は大手のNTTデータと三菱UFJニコスが出資している代行会社であり、信頼性が高いのが特徴です。ペイジェントでは5大カードブランドを一括導入することができます。

また、入金日が非常に早いのも特徴です。通常でも翌月9営業日後に入金を行うのに加え、「早期入金オプション」に加入すると最短5営業日後に入金することができます。入金が早い方が資金繰りが楽になりますし、広告やマーケティング費などに資金を充てやすくなるでしょう。

加えて、クレジットカードによる継続課金にも対応しています。サブスクリプションサービスを展開したい際にも『ペイジェント』はご利用いただけます。

『ペイジェント』に興味のある方は、以下の窓口からお気軽にお問い合わせください。サービス内容に関するどんな小さなことにも、スタッフが丁寧に回答させて頂きます。

お問い合わせへ

まとめ

本記事ではカード決済について解説しました。カード決済の仕組みやメリット・デメリットなどがお分かりいただけたかと思います。カード決済はオンライン決済の中でも、利用率が圧倒的に高いため、決済のオンライン化を進めたいなら優先的に導入したいです。

今後は更にキャッシュレス化が進められていくことが予想されます。カード決済導入の重要性もますます高まるため、今のうちに導入を進めていくことが望ましいでしょう。

カード決済を導入したいなら、まずは決済代行会社に相談することをおすすめします。『ペイジェント』では初めてオンライン決済を導入する方向けに、審査の受け方や導入方法などについて丁寧に説明いたします。

まずはお気軽にご相談ください。
スタッフがどんなお悩みにも
お応えします。

webからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6327-2862 03-6327-2862 (平日10:00~17:00)